空き家管理に必要な費用とは

投稿者:

空き家の管理でお悩みの方も多いと思います。特に遠方に住んでいる方の場合、空き家管理に悩まされることが多いため、空き家管理サービスを利用する方も少なくありません。しかし、空き家の管理を業者に依頼した場合でも様々な費用がかかることに注意が必要です。

空き家の管理はお金がかかる

空き家は人が住んでいないため、一部の場合を除いて光熱費はかかりません。しかし他に様々な出費を伴うことから、管理の負担は非常に大きいと言われています。

固定資産税などの税金

特に大きな負担となるのが固定資産税ではないでしょうか。空き家を所有しているとほぼ必ず発生する税金で、毎年数十万円の税金を負担している方も少なくないでしょう。空き家とは言えど、固定資産税は納税義務があるため注意が必要です。

修繕・補修費用

もし管理している空き家に住む場合や、リフォームをする場合などは修繕・補修費用も必要になります。空き家の状況にもよって変わりますが、数十万〜数百万円の費用が必要です。負担額が大きいこともあり、空き家を修繕するケースはあまり多くはありません。

清掃費用・撤去費用

また、空き家の敷地内に雑草が生えてしまったり、ゴミを捨てられてしまった時は清掃費用・撤去費用の負担も発生します。いずれも出費はさほど多くありませんが、その都度清掃・ゴミの撤去が必要になるため、最終的な負担額は大きくなるでしょう。業者へ依頼する手間もかかります。

解体や売却も視野に入る

空き家の管理負担を感じたら、空き家を解体して更地にするか、売却も検討してみることをおすすめします。解体は費用も大きいですが、長期的に見ると負担は少なくて済みます。自治体の補助が出る場合もあるため、一度検討してみてはいかがでしょうか。

関連する記事