空き家管理サービスと空き家バンクを活用しよう

投稿者:

空き家管理サービスは、あくまで空き家の管理を行うのみのサービスです。しかし、空き家入居者を募集したい場合、管理だけでなく買い手探しも行わなくてはいけません。もし空き家を手放したいと考えている方は、空き家バンクも活用してみると良いでしょう。

空き家バンクとは

空き家バンクは、全国の自治体が実施している行政サービスです。その自治体にある空き家をデータベース化し、持ち主が入居者・買い手を探している場合、それを支援するサービスになっています。空き家を紹介する取り組みとして近年注目されています。

管理サービスと併用できる

空き家バンクは空き家管理サービスと併用可能です。例えば空き家バンクで入居者などを探しつつ、管理は管理会社に任せるようにすれば、負担を大きく軽減できるでしょう。空き家バンクは管理をしてくれないため、管理サービスとの併用は良い選択肢と言えます。

空き家データベースに登録可能

空き家バンクを利用すれば、空き家の情報が自治体のデータベースに登録できます。外観写真や間取り、交通機関の情報なども登録されます。不動産仲介業者を利用する場合と変わらないサービスになっているのが特徴です。

買い手を全国から探せる

また、空き家バンクはインターネット上で情報が公開されるため、全国から買い手を探せます。空き家を求める方も多いため、状態によってはすぐ買い手が見つかる場合もあります。

空き家を手放す手段になる

空き家は管理が大変なため、手放す方も少なくはありません。しかし手段が限られていることから、空き家バンクの利用は手放す際の選択肢となるでしょう。空き家を手放したいと考えている方は、一度自治体に問い合わせてみてはいかがでしょうか?

関連する記事